2014/08/05

ネイルを習い始めました ~きっかけはインド~

ネイル教室に通い始めて3か月目を迎えました。

セルフネイル
右利きなので、右手のケアが難しいです。


友人に、「ネイリストになるの?」と聞かれたりするのですが、
腕の良いネイリストの溢れる東京で、私にできるとは思っておらず・・・、
それは目指してないんです。

そもそも私の性格を考えると、ネイリストをするよりもは、サロン経営をして、
ネイリストさんにネイルサービスを任せるほうが向いてるのではないかと思っています。

器用でデザインセンスに溢れるネイリストさん、たーくさんいますからね。




じゃあなぜネイルを習い始めたかというと、きっかけはインドです。


去年の初め、夫とインドにしばらく住むと決めたとき、
なんとなく、「インドで事業するなら、ネイルサロンがいいんじゃないかな」と思ったのが
ネイルを習おうかなと思ったきっかけです。

この時点では、インドに行ったこともない私がなんとなく言っていたこと。
夫に笑われたのを「しかと」覚えています。



なんとなくネイルサロンがいいんじゃない?なんていって仕事になるわけでもないし、
私の場合は、私が就労ビザを取る必要があったこともあり、
実際には、日系企業に就職しました。

それはそれで、とてもとても良い経験となり、本当に良かったです。
(駐妻の現地採用職員勤務、おすすめです。これについてはインドブログの方に書きます)。




いざインドに行ってみると、
インドにもネイルサロンはちらほらあって、サロンを覗くと、盛況です。

はっきりした色のネイルを塗る人が多く、
セルフのマニキュアは、
日本のネイル(セルフ・サロン両方)をしている人と同じくらいの割合でいると思います。

ただ、サロンの技術としては、日本のほうが100歩進んでいますし、
まだまだサロンの数自体も少ないです。




それを見て私、全くマーケット調査などをせずに、思いました。
「日本レベルのネイルが来たら、やっぱり流行るって。」

昔から、根拠のない自信があるって言われるんですよね・・・。

そうは思いつつも、全くもってネイルをしたこともない私には、何もできないのが現実。
一旦習ってみようと思って、帰国して時間ができたのを機に、習い始めたのが3か月前です。

またインドに行くかも決まっていないし、行っても事業できるというわけでも全然ないのですが・・・、
元々ジェルネイルには興味があり、
時間ができたら習って、自分でできるようになりたいと思っていたので、
インドにまた行かずとも、まあいいかなと。

もしかしたら、一生のうちで最初で最後かもしれない主婦生活。
この時間のあるうちに、できることはしたいと、迷いはありませんでした。

わたし、思い切りはいいんですよね。良くも悪くも。



ちなみに、ネイルを自分でできるようになりたいと思った理由は、いたって明確。

「サロンに行くのが面倒だから。」

美容院さえ、ちょっと行くの面倒だなと思っている、なまけものな私に、
細々とした、繊細な作業を続けられるのかが
最大の不安でしたが、それは意外と関係ないということがわかりました。

絵が上手だったり、器用だということも、ネイリストに必須ではないようです。

そのあたりはまた今度。

集中するとあっという間に時間は過ぎ、細かなデザインほど、熱中します。






★まだ練習中の身で、プロの技術には遠いですが、
ネイルケア&カラー/ジェル させてもらえる人募集してます。

こないだネイルさせてもらった人に
「お代言ってね~」と言われたのですが、いりません・・・。受け取れないし・・・。
今はとってもネイル熱が高いので、施術させてもらえるだけで嬉しいのが本音です。

じゃあ、どのくらいの質を期待できるかというと、こないだ、ネイル検定3級に合格しました~。
3級は合格率が7割もあって、サロンで働くには、2級以上が必要と言われています。
わたしも少なくとも2級までは頑張りたいです。
ということで、アマチュアレベルです。








このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿