2012/12/24

(赤坂)プロカンジャンケジャン 韓国以上のケジャンのお店

クリスマスディナーをたまには趣向を変えて韓国料理にしてみた。

それもカンジャンケジャン!
生の渡り蟹をお醤油ベースのたれに漬け込んだ料理で、
韓国ではけっこう食べられていると思う。

わたし、日本で食べるのは初めて。

数週間前からの予約が必須のプロカンジャンケジャンでいただいた。

早速注文すると、
大きい!!!!!
韓国では手のひらに簡単に乗るサイズのしか見たことがなかった。
あの、沢にいる渡り蟹サイズの蟹。

こちらは両手に乗せてちょうどいいくらいの大きさ。
食べられる、身がいっぱいでびっくり。
カンジャンケジャンってエキスを吸うくらいで身はほとんど食べられないものだと思っていた。


人気メニューの生タコも頼んだら驚きの、活き造り。
生きてる!動いてる!

驚きながらも食べると美味しい!
ごま油と塩という私の好きな組み合わせのたれにつけていただいた。

韓国で食べる以上のカンジャンケジャンだったと思う。
店内は女性客が多くてきれいめで、カンジャンケジャンを食べる用の
ビニール手袋まで渡してくれた。
手が生臭くならないようにという配慮。

さすがは東京クオリティ。

ただね、わたしは韓国で庶民的に食べる、食べられる部分の少ないカンジャンケジャンが好きかも。
大きいと生臭さが出てきてしまうしね。

プロカンジャンケジャン ★★★☆☆ 3


<ついでに。>
その後いただいたクリスマスケーキがとってもすてきな包装だった。


こちらは、さすがのホテルオークラクオリティ。
大きくて食べきれなかったけれども、大人なお味だった。
手が込んでいて美味しい!










このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿