2012/05/13

(レビュー)テレビが飛びつくPR―予算9万円で国民的ブームを起こす方法

PRの考え方に始まり、具体的なメディアへのアプローチ方法も説明されていて、初めてPRの本を読む人にもわかりやすく、読みやすい本。

この本で共感したところはPRを最終的な目的(売り上げ等々)に結びつけるまでを仕事だと捉えているところ。

今年の漢字を作ったり、ひこにゃんや香川のうどんPRを手がけた、独立している方ならではの一冊。


追記:
そういえば・・・9万円の根拠はないと思います。PRによってはそれなりにお金って必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿