2011/10/22

南アルプス 鳳凰三山で初!本格トレッキング (1)


北アルプスや八ヶ岳とさんざん迷って、
偶然見つけた鳳凰小屋のホームページの写真に惹かれ、
南アルプス・鳳凰三山に行くことに。



今回辿ったルートは
前泊して->青木鉱泉->鳳凰小屋(1泊)->地蔵岳->観音岳->薬師岳->夜叉神峠->東京へ。



新宿から甲府まで、高速バスが30分おきくらいに出ているので、
まずはそれに乗って甲府へ、そして電車で韮崎へ。


韮崎で一泊。


鳳凰小屋までは、青木鉱泉か御座石温泉からか、どちらから行くか迷った。
青木鉱泉からはドンドコ沢を登るのだけど、かなり大変な道みたい。

韮崎で偶然、登山会長さんにお勧めを聞くことができて、
青木鉱泉から行くドンドコ沢コースはきついけど見所があって楽しい、
御座石温泉からはきつくはないけれども単調ということを聞く。
「若いならドンドコ沢。滝見れるよ。」
滝好きだし、若いし、ドンドコ沢をがんばってみることにした。




朝7時過ぎのバスに乗って
青木鉱泉、登山口へ向かう。

道が整備されきっていなくて、バスに乗ってても跳ねたのは山ならでは。
日本で滅多にないことだと思ったよ。



青木鉱泉から山に入ると、ずっとこんな感じ。


少し行くと、滝が続出!


途中は岩を登り続けたりで、かなり大変は大変だった。
けれども、会長さんの言う通り、滝が見所になって、
次の滝までがんばろう!と思えるから精神的には良い。

下りをドンドコ沢はやめた方がいいと思う。
よっぽど慣れている人がチャレンジするならいいと思うけれども、一般の人は大変だと思う。


最後の滝、五色の滝が一番きれいだったよ!


登り続けて5時間、ようやく鳳凰小屋が見えた!

水がふんだんで、思っていたよりもきれいだった。

ただ、この時期はすでに寒い。フリースで平気だったけれども、ダウンの人もいるくらい。

近くから富士山が見れるよ。歩いて5分くらいだからぜひ行ってみて。

よーく見ると、うっすらと富士山が見える。

霊富士と言うと言っている人がいたけれども、納得の命名だと思ってしまった。


山小屋ではさすがにぐっすりは寝れなかったなぁ。
それでも次の日がんばったよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿