2011/09/30

連れがインドシナ半島を縦断したいと言いまして

ラオスからカンボジアへ行く、旅行計画だった。
東京からラオスのルアンパパン(北部)へ行き、ビエンチャン(中部)を巡り、
さらに南下してカンボジアのプレアビヒア遺跡を観光し、カンボジア・シェムリアップから東京へ帰るルート。



ラオスからカンボジアへは飛行機で行くのが一般的。
ラオスの首都ビエンチャンとカンボジアの間には、タイがある。
ビエンチャンとカンボジアは、ぱっと地図を見ても直線距離で500キロどころではなく離れている。
そして道は、決して真っすぐなわけではなく、都市をつなぐ大きな道路を使うから、
かなり遠回りしなければならない。



私もすっかり飛行機で行くものだと思っていた。



お連れさまが、「ラオスからカンボジアへ陸路で行ってみたい。」とおっしゃるまでは。



「バスで行こう」と聞いた時、
私も私で「え~~~」と言いながらも、
そういう旅は、若いうちしかできないからいいかな。なんて思う節も実はあって、決まった。






〜ラオス・ビエンチャンから
   カンボジア・プレアビヒアへ、陸路の旅~




バスを乗り継ぎタイを縦断。
こんなこと、私の意志だけじゃ絶対にできない。
だって飛行機あるもん。


実はラオスでバスに乗る前日、「明日のバス調べた方がいいんだろうな。旅行会社で」と思いつつも
疲れすぎていて、何も言わなかったことを告白したら、
言ってほしかったらしい。

「旅行会社に行っておくべきだった。なんで気付かなかったのだろう。」って。。私も不思議よ 笑



時間も何も調べていなかった私たちは、バスターミナルで空席のあるバスを待ち、
ビエンチャンを11時頃に出発した。
タイとの国境を越えてタイのウドムタイで乗り換え、
ナコンラチャシーマまで南下。
そして再びバスを乗り換えてタイ・スリンに着いたのは深夜。

スリンはタイのだいぶ南の方。カンボジアに近い(といっても100km以上離れている)。
ここで一泊することにした。



各バスステーションでは、「カンボジアに行きたい。どうやって行くの?」と聞いて
探りながら乗り継いで行く。




「カンボジアまで連れて行けると思う」とたくましくのたまっていたお連れさまは
腰が悪いのかバスで疲れたのか、とってもお疲れで、バスでもくつろいで寝れて元気な私が結局道を聞く。
なんだか想像つく展開。。。

途中までは地図を読むのが好きなのか、ルートを探して楽しんで、
こう行こう!なんて張り切ってたのにね。




「まぁいいんだけどね」と思い、周りの人に聞いてみると、
タイの人たちは親切だし、英語は通じるし、何よりもバスのインフラが整っていて
思いのほかスムーズにスリンまではたどりついた。





ここからが問題。


カンボジアへの国境を越えたいのだけど、国境通過ポイントがよくわからない。
私が行きたいプレアビヒアは、タイとカンボジア国境にあるのだけれど、
国境をめぐってもめているから、そこでは国境を通過できない。



カンボジア行きのバスはないし、
国境から先、どうするんだろうと思いながらも、
翌日の朝、国境ゲートまで行ってみた。





国境まで行くと、タクシーのあんちゃんがいっぱい。


国境を越えてカンボジアに入ると田舎度が急に増して
足が悪くなった。


タイとカンボジアの大きな差を見せつけられた。
中進国と後進国の差は大きい。


バスはなく、乗り合いタクシーも見当たらず、
ここはタクシーに乗ることに。
この頃にはお連れさんの調子も戻り、なんとかしてくれたー。



そして、4時間。



プレアビヒアに無事に着いたー!!!

ほっ。


もっと時間かかるかと思ったけれども、意外とスムーズだった。
タイのバスインフラが整っているおかげだな。

バスの旅は、やはり時間がかかるし、
タイ縦断はもうすることがないと思うけれども、一生に一度の良い思い出になったよ。



プレアビヒアからの風景は壮快!
次回へ続きます。




ーーーーーーラオス ビエンチャンからカンボジアへ陸路で行く人へーーーーーーーーーー
国境はO'smachを渡った。おそらくプレアビヒアやシェムリアップに行くにはいい場所だと思う。

私たちはナコンラチャシーマからスリンに入ったけれども、
タイの東側にルートがあれば、ウドムタイからウボンラチャシーマに行って、
カンボジアに入るルートの方が近いかもしれない。
ウドムタイからウボンラチャシーマに、直線に近いルートのバスがあればだけど。
バスステージョンで聞けば、教えてもらえる。



ちなみに、カンボジアビザ取るには写真が必要。
持っていなかったら、400バーツでその場にあるデジカメで写真を撮るように言われる。

普通のデジカメなわけだし、どうも納得できなかった私は、
写真を撮るように指示した人と別の人に
パスポートコピーの写真を使いたいとお願いし、OKをもらうことに成功!

でもこれは、成功しない確率も高いので、写真を持って行ったほうがいい。




ちなみに私ね、国境をカンボジア側に渡ったらトイレ行きたくなったの。

国境管理のオフィスの窓口でトイレの場所を聞くと、
裏にとジェスチャーされた。

オフィスの裏に回ると草むらだから、
トイレないってこと?この辺一帯がトイレということかな
と思ったら、おじちゃんに裏口からオフィスに入れと誘導された。
ちゃんとお手洗いがオフィス内にありましたよ。

あーはずかしかった。

トイレの心配はご無用です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿