2011/08/18

<レビュー> 阪急電車

有川 浩
幻冬舎
発売日:2008-01

阪急電車の乗客、それぞれの持つストーリーが、
自然に、少しずつ、重なり合って一冊の本になってゆく。


乱暴な彼氏に振り回される人、とっても素敵な恋をしている人、多くを経験して今孫と幸せに出かける人、
一人一人の置かれた状況は違うのだけれども、
実は少しずつ、自分では自覚していなくても
助け合っている。

ゆきずりの人に助けられることってあるな。と思える社会って素敵だと思う。


阪急電車のレトロさを知っている人はさらに楽しめそう。
神戸に行ったらぜひ乗ってみてね。
この小説がぴったりのかわいい電車。
小説を読んだ人はきっと納得してくれると思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿