2011/07/31

小さな哲学者たち (映画)

フランスの幼稚園で始まった、哲学の授業を追う映画。

ドキュメンタリーだけれどもナレーションはなくて、
子どもたちの成長が映画を進めていく。




この幼稚園はZEPと呼ばれる、教育優先地区にある。
教育の成果が上がりにくい地域が指定されるもので、
移民の多い地域に多いよう。

映画にも、多様な人種の子どもたちが登場する。




「愛って何?」
「死とは?」

決まった答えがない問いに答えていく子どもたち。
その意見は、はっとするものだったり、ほほえましかったりで、飽きることがない。


授業が始まった3歳のころから、2年後への成長がすさまじい。
考える力は、練習によって身につけることができると確信。



私も子どもを授かったら、3歳から哲学しようと思った。
そのためには、まずは私が自分の考えを見つけなきゃ。



映画「小さな哲学者たち」
http://tetsugaku-movie.com/index.html

東京は新宿のみのようだけれども、行く価値あり。
ぜひ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿