2010/09/27

カンボジア Vo6 アンコール遺跡に刻まれる、繊細なレリーフ


アンコール遺跡群では、その壮大な姿はもちろん、
繊細なレリーフに心打たれた。



細かなレリーフだけじゃない。
大きな彫刻も、一つ一つに特徴がある。
柔らかい表情


微笑み


これは、昔は王しか通ることの許されなかった道。


その道を支える柱にも、レリーフが。


見えないところまで、細かい。
私は1日しか行くことができなかったけれども、
アンコール遺跡群をじっくり回ったら、1週間近くかかるのではないかと思う。

アンコールワットだけでなく、周辺にも見所がいっぱい。

今度は、ちょっとマイナーな遺跡を巡りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    レリーフが細部にわたって美しいんだよね。あと遠くから全体撮った写真いいね。線対象にバランス取れてて素晴らしい。なんか近くにもうひとつマイナーな遺跡あったよね。
    どうでもいいんだけど、アンコールワットってタケオっていう地名の所にあるじゃない?そこで日本人の大学生の旅行者とであって、帰国しても連絡取ってたのね。何年か経っても、彼の事を「タケオくん」って一緒に行った友達と呼んでて、気が付いたらそれ彼の名前じゃなくてカンボジアの地名だった事に気付いたの。最終的に本名が分からなくなった。。。 タケオ君って一体。。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��衣笠竜也・さやさん
    タケオって、アンコールワットがあるところの地名なのですね。
    遺跡の名前かと思ってました^^;
    帰国して連絡とっても
    タケオくんのまま…。 どんまいとしか言いようがない 笑

    返信削除