2010/08/20

<鹿児島> 島津藩 武家屋敷群

篤姫のロケ地でもあった島津藩の武家屋敷群
ちゃんと勉強してから行きたかった!と思える程見応えあり。


歴史好きの父はじっくり見る。
見所がわからない娘。。。
「ばあちゃんちに似てる!」と言う祖母と母。。
確かに、素人目には古さといい、蚕さんの地下室があるところといい、似ている。
武士用の場所と、女・子ども用の場所が分かれているのは、大きな差だと思うんだけどな。。。
(我がばあさまの家は農家の家)


うろついていると、
案内ボランティアのおじさまが、ご案内してくださった。
お屋敷のある街に誇りを持っている方。
勉強になった。

ここからは、
ご案内してくださった内容を、お屋敷の様子を共にダイジェスト!


お侍さんが集まっていたのは、ここ

この縁側の手前は庭。
武士の姿が目に浮かぶよう。




「敷居が高い家」って言うよね?
その語源が、この敷居だそう。
てっきり家の門の敷居かと思ってたえっ

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=2483631-1282226525-340-226

奥にある畳の部屋は、1枚目の写真の、お侍さんの場所。
そして手前は、女性、子どもが過ごす場所。
奥の部屋には、女性、子どもは掃除の時とかにしか入れなかったそう。

このお屋敷の敷居は(物理的に)低いけれども、
20~30cmあることもあるらしい。



はい、ここでクエスチョンです。(世界不思議発見!風)
この小屋のようなのは、何の場所でしょうか?



馬小屋?
厠?

ヒント
script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/ameblo.js.php?upwh=2483631-1282229566-340-226


これ!


五右衛門風呂!

昔はお風呂も外だったのね。

この武家屋敷群は、地域の人がお手入れをしていて、この日も草むしりをしていた。
地域に密着って大切だと思う。
これから、ますます大切になるんじゃないかな。

2010年鹿児島記は以上!
次回は熊本。







このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿